読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も言わない

「宮島にいます。広島の。」というラインが母親から届いた。ついこの間「ランタンフェスティバルにいます。長崎の。」というラインが届いたばかりである。我が家にはどうやら突拍子もない行動をとるという血が流れているみたいで、かくいう私もそうだ。

 

高校3年生の時分、部活を引退した私は暇を持て余していた。受験勉強にも身の入らず、時間だけが掃いて捨てるほどあった。当時いちおう学習塾に通っており、学校帰りにちょこっと寄って単語の勉強(割にすきだった)をし、気分が乗ればそのまま他の勉強に移っていたが、気分が乗らなければそそくさと帰宅するという勿体無い使い方をしていた。

 

そこでとある日に「これは学習塾に通う意味のあるかな?」と考えた私は「否。断じて否。諸君、なにか異論はあるか。あれば尽く却下だ!」という結論に至り、学習塾を辞めることにした。これはあとから聞いた話だが、両親は私のこの奇行に対して「とうとう壊れたか」と感嘆していたらしい。

 

突拍子もない行動は、親譲りだと思うんだけどな。