読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラ・ロールを見渡して

第一夜

私がまだ小さく、そこいらへんに転がる毛玉との判別もむつかしかった頃の話である。七五三などのタイヘンめでたい日の写真館にて、私はプロのカメラマンが使っていたカメラにひどく興味をもったそうで、「いぢくりたい」と喚いたそうな。

 

そこで親切なカメラマンは、仕事道具である大切なカメラを毛玉である私になんと貸与してくれた。更に私は生意気にも使い方を彼に訊ね、ことさら親切なカメラマンはピントの合わせ方をも教えてくれた。誰もがハラハラとした緊張感を抱き「どうか早く返し給へ」と願う中、当の私はケロッとした顔でピントを合わせることに成功し、オトナたちを驚かせたそうな。

 

因みにこのエピソードは「よし、ここはひとつ箔を付けねば」と意気込んで書いたわけではなく、失われて久しい私の愛らしさを読者諸賢に思い出してもらうべく書いた。

 

閑話休題。私は写真を撮るのがすきだ。一眼レフカメラなど持っておらず、主にアイフォーンのカメラで撮っている。そういえば、この間カメラ・ロールを見返していて思ったのだけれども、最近はあまり写真を撮っていないみたいだ。ネット通販のスクリーン・ショットや、よく分からない画像などが多くを占めている。

 

写真は撮ってたのしく、眺めてうれしい。もっと写真を撮るようにしないとな。