読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎謎

第一夜

恋人は特殊なねだり方をするのだけれども、まず「ねえ、良いよと言って」の一点張りで要求をしてくる。相手の出方がどうであれ、その内容を決して明かそうとはしない。そうしていつも世界を欲しいままとす。これはほんとうにタチが悪くて、なんせその内容は伏せたままであり、例えるなら質問をせぬまま回答を得ようとするのと全く同じだ。ちゃんちゃらおかしい!

 

このままではいけないと一念発起した私は、先日この「ちゃんちゃらおかしいおねだり」をしてきた恋人に対して喰い下がった。おねだりの内容をなんとかして聞き出そうとしたのである。

 

「ヒントをください」と私がいうと、恋人は「ふたりの共有物です」と宣った。さらに「それを使って何をしますか はじめの一文字を教えてください」と私が問うと、「ら」と恋人は言った。えーと、ふたりの共有物で、らをする?

 

あれこれと逡巡したものの、サッパリ分からなかったので私は考えることをやめ、答えを乞うた。すこし間を置いて話し始めた恋人は「ウォークマンを貸してほしかったんだ、RADWIMPSの新しいアルバムが聞きたかったから」と内容を教えてくれた。どうやら「ふたりの共有物」というのがウォークマンで、「ら」というのはRADWIMPSを指したものであったらしい。分かるか!

 

恋人とは長いこと一緒に居るけど、未だに底が計り知れないな。また何かあったら書きます。