読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙草をのむ

幼少の頃より、私の周りで煙草をのむ人は少なかった。父親が一時期吸っていたが、「とある映画で、煙草が原因となって苦しみながら死ぬシーンがあって怖くなった」というよく分からない理由で禁煙したそうだ。

 

そういうわけで私は煙草の匂いに慣れておらず、カラオケ屋や居酒屋帰りの洋服のニオイですら苦手に思う。いつも帰宅即リセッシュと洒落込む(香りが残らないタイプがすきです)。

 

ところがここ数日、玄関付近がやけに煙草臭く、「外で誰かが煙草をのんでいるのかしらん」と考えていた。恋人に「なんだか煙草の匂いがしない?」と聞いてみても、「煙草の匂いなんてしないけど。それよりお弁当箱を洗っておいてよ」と、いつの間にか皿洗いを任される始末。原因は分からず仕舞いであった。任されたからには、やっておかないと叱られるので(水面は穏やかな方が良い)、原因の追求は止めて恋人のお弁当箱を洗うことにした。

 

ダスキンの緑色のスポンジを持って、洗剤を数滴垂らしたのち、お弁当箱を手に取る。くんくん。なんだか煙草の匂いがする。くんくん。なんだろう、恋人のお弁当箱からかな。くんくん。うーむ、やっぱりそうだ。くんくん。煙草臭さのある!

 

出先から帰ってきた恋人に訊ねると、「アルミホイルを敷いたままレンジで温めちゃってさ、でもお肉は炭火焼きのような味がしたよ」とのことであった。

 

皆さんのご家庭でも簡単に本格炭火焼きができますよ。是非試してみてくださいね。