透明少女

音楽の楽しみ方は多様であり、私は「好きなアーティストが好んでいる音楽を辿っていくこと」が割に好きだ。ある日例によって、とあるアーティストのルーツを辿っていると、NUMBER GIRLというバンドにぶち当たった。

 

フロントマンである向井秀徳の独特な喋り方(This is 向井秀徳 など)や、ヘンテコなメロディに強く惹かれた私は、すぐさま近くのTSUTAYAでベスト・アルバムを借りた。それが丁度大学受験の時期で、受験会場への移動中ずっと聴いていたのをよく覚えている。

 

恋人と一緒にいる間は、私のウォークマンをスピーカーに繋いで音楽を流していることが多い。そこでMUMBER GIRLの「透明少女」が流れた際、恋人は特に反応しなかった。

 

これは後日分かったことなのだけれども、なんと恋人はこの「透明少女」という曲を中学生の時から知っていたらしく、悔しさの少しあった。

 

恋人と私はいわゆる懐メロと呼ばれる曲が好きで、今は小林明子の「恋に落ちて」という曲が流行っている(もしかして私だけかも知れないけれども)。

 

来年も良い音楽を知れるといいなと思う。良いお年をお過ごしくださいね。