相模ナンバー

職場にヘンテコでおもしろい先輩が居り、名をRさんという。先日支店長がお客さんから今治タオルを貰ってきたのだけれども「何かに役立ててくれ」と私にくれた。頂くのも畏れ多かったため「支店に」と件のRさんに渡したところ「これは私知っているよ、良いタオルでしょう。イマジタオルだもんね」とにこにこしながら宣った。

 

いみじくも若輩者である私から訂正するのも憚られたが、彼女の将来を考え胸を痛めた私は、そのものがイマバリタオルと名を冠するのだと教えた。聞くや否や彼女は莞爾と笑い「そういうこともあるよ」と私を諭すのであった。