安全のしおり

休暇が取れそうだったので、ひとつ旅行にでも行こうかと思い立った(これは私にしてはとても珍しいことだ)。車で行くのもいいし、新幹線で行くのもいいし、飛行機で行くのもいい。各旅行サイトに目を通していると、どうやら目的地へは飛行機で行くのが一番良さそうであった。小沢健二の『流動体について』という曲があるのだけれども、冒頭の歌詞に引っ張られ、どこで降りるのかまで一遍に決めた。我ながら慣れないことをしたなと訝しんでいると、案の定大雪が降るのであった。