『コンタクトレンズのたれ』

私は中学校の終わり頃から視力が落ち始め、高校にあがり暫く経ってからコンタクトレンズを作った。

 

それまで「自分は視力が悪い」という認識のなく、コンタクトレンズを装着して初めてコートに立ったとき(バスケットボール部だった)、視界がとてもクリアで驚いた。その時私は視力が悪かったのだなとボンヤリ思った。

 

最初は使い捨てのタイプを装着していたのだが、大学生になってからは2週間で新しいものに替えるタイプを使い始めた。このタイプは外すときにコンタクトレンズのたれを使って洗わなければならないのだけれども、凝り性の私にとって苦ではなかった。

 

今日の話にオチはないが、コンタクトレンズのたれという言い方はとてもいいなと思う。